老後の生活のために節約中

将来の生活が不安でお金を使うのが怖いです。何をこんなにびくびくしてるのかと自分でも思うんだけど、将来普通の生活ができる保証はないですからね。年金だって充分じゃない。年金だけで生きていくことはできません。年を取ればカラダが弱くなるし病院に行く回数も増えるでしょう。整形外科なんて朝から晩までお年寄りでいつも1杯ですよ。わたしも年を取ったら病院だけが憩いの場となりそうでびくびくしてます。
下手に長生きする時代になったことも問題ですよね。昔のように60代70代でこの世と別れていたら老後の悩みなんてなかったかもしれません。人生80年時代になってしまいましたから・・・。病気になっても助かるようになって食べ物が良くなったからみんな長生きできる時代になってしまったんです。
だから老後の生活を考えなくてはいけないんですね。老後は誰かが面倒を見てくれると思ったら大間違い。わたしは自分の世話を自分でできなくなったら終わりだと考えてますよ。子どもに世話してもらうつもりはありません。負担をかけたくないんです。
だからお金をコツコツ貯めてます。長生きしたくなくても長生きできちゃう時代だから老後の準備は早ければ早いほうが良いんです。
新宿 消費者金融

お金の貸し借りで

学生時代の友人と5年ぶりに会いました。その時に、友人の一人が結婚したことを知らなかった友人がいます。お祝いをしたいけれど、手持ちがないのでお金を貸してほしいと言われました。昔からの知り合いですし、まあ大丈夫だと思いすぐに貸しました。結婚式で1万円の祝儀をもらったから、とりあえず1万円自分もお祝いしたいと言って1万円貸すことになりました。

「すぐに返すから、来週も会える?」と聞かれて、次の週に会うことにしました。何度もお礼を言われてその日は別れました。そして次の週、駅で待ち合わせをして一緒にお茶をしてそこで1万円を返してもらいました。きちんと封筒にも入れて新札でした。そしてそこのお茶代も出してくれました。割り勘で良いと言ったのですが、借りたお金を返すために来てもらったんだから…と言ってさっと払ってくれました。蒲田 キャッシング

逆に何か悪い気がしました。別におごってくれなくてもよかったのに、律儀な友人です。キチンとお金を返してくれる友人は、昔から変わらず性格もきちんとしているし信用できます。これからも1万円くらいなら、この友人にはすぐに貸せると思いました。お金の貸し借りで、友人関係が解消したりこじれたりしますが、これからも仲良くこの友人と連絡を取り合いたいです。

私のズボラお掃除術

学生時代の友人に3万円を貸しました。
貸した経緯は、遊んでいるときに財布を忘れたので貸して欲しい。
取り置きしている洋服があるので買いたいとのことで貸しました。元々、そこまで仲よかった訳ではないのですが、大学が同じで学校でも会うし、すぐに返してもらえるだろうと思っていました。
しかし、それから大学で会ってもなかなか返してくれる様子もなく、痺れを切らして、直接3万円いつ返してくれるの?と聞いたら、ごめん、今日手持ちがないから来週バイト代入ったら返すね、とのことでした。大学4年生だったのでもうあまり大学にも行かなくなっていたのもありますが、それからなかなか会えずに、メールをしても、返すというだけでなかなか返してくれませんでした。共通の友達に相談したら、怒って、私が言ってあげる!と言ってくれて伝えてくれたようで、翌週に返してくれました。
全然、悪びれた様子もなく、返すタイミングがなかったと言われましたが、怒る気にもならず、そのままその子とは縁を切りました。返ってこなければ、いい勉強になったと思うことしようと思っていましたが、第三者が入ることにより返ってくることを知りました。
しかし、とても嫌な思いをしたので、それ以降はお金の貸し借りはしていません
消費者金融 中野

節約をしても収入が減らない方法を知りたい

日々、節約を意識していても、やはり収入が減ってしまってはあまり意味がありません。
私がお金について思うことは、節約をすると収入も減ってしまうということです。
収入をあげようとすると、支出も増えてしまいます。
お金を貯める人は収入が増えても、同じように節約、またはさらに節約ができているのだと思います。
私の目標は引き続き節約をしながら、やはり収入を上げていくことです。
私の場合の節約はどこか無理があるのか、収入が思うように上がっていかなくなってしまいます。
時間の使い方や健康管理、または生活習慣の改善などが必要なのかもしれません。
世の中で成功している人たちは質素倹約を心がけている人が多いと知りました。
質素倹約を心がけていれば、自分も成功できるかもしれないという逆説を立ててみましたが、実際はそれが上手くいくかどうかはわかりません。
実際、質素倹約をしていても成功できない人たちも大勢います。
単なる貧乏になってしまうのか、それともお金もちでありながら質素倹約を行っているかには大きな差が生じてしまいます。
この収入面の違いはどこから来るのかよく分かりません。
元々あった財産ならば仕方が無いですが、それ以外の理由であればそれを知りたいと思っています。
お金借りる 内緒